投資信託と株式投資の違いとは?どっちを選ぶべき?

投資信託という言葉を聞いたことはあっても、その内容をよくわかっていない方もいらっしゃるかもしれません。投資を始めるなら投資信託と株式のどっちが良いのか。今回は、両者の違いと、どんな人に投資信託(or株式)が向いているのか説明させていただきます。

株式とは

株式とは株式会社の所有権です。会社の株式を持っている人は株主と言われ、その会社のオーナーです。中小企業の株式会社の場合、社長が全ての株式を持っていて、オーナー兼社長ということもありますが、上場企業の場合には、株主が数万人いるような会社もあります。投資の話で株式が出てきたら、そのほとんどは上場企業への投資のことと思っていただいて間違いありません。日本国内の上場企業は東京証券取引所だけで約4,000社あり、日々多くの企業の銘柄が取引されています。上場企業の株式は証券取引所で平日に売買されており、銘柄ごとに価格が決定されています。

株式投資では、数ある上場企業の中から将来性がある(または、株価が割安)と思う会社の株式を購入して、配当を得ることや値上がりした後に売却して売却益を得ることを目指しています。

普段生活していて見聞きするような企業は、ほとんどが上場企業です。インターネット上で、ヤフーファイナンスや企業HPなどを探すと企業の株価はいつでも確認することができます。その株価に最低売買単位(単元株と呼ばれますが、多くは100株単位)をかけた金額が購入に最低限必要な資金になります。実際に投資をする場合には、その資金を用意した上で証券会社の証券口座に資金を預け入れ購入することになります。銘柄によってはまとまった資金が必要(最低購入金額が100万円を超えるような企業もあります。)

株式投資では、投資信託とは違い、1年で10倍になるような銘柄もあったりします。(反対に、投資企業が破綻すれば株券の価値が0円になることもあります。)

他のメリットとして、企業によってはその企業の提供するサービスに使える株主優待券を発行している場合もあります。

 

 

投資信託とは

投資信託は、多くの投資家からお金を集めてそのお金を運用会社がまとめて株式や債券に投資する仕組みです。ファンドとも言われます。投資家からお金をあつめる入れ物のようなものをイメージしていただければと思います。そして集めたお金を使って運用します。前の項目で説明した株式を投資対象とする場合もあります。株式投資との違いは、小口の資金でも可能ということです。証券会社によっては100円から購入することができます。また株式と違い、購入を金額で設定できるので、毎月千円分といった購入の仕方もできます。

そして、多くの投資家から集めた資金を、運用のプロであるファンドマネージャーが、代わって運用を行います。

購入者からみたもう1つのメリットとして、少額での投資にも関わらず分散投資を行うことができる点が挙げられます。投資において分散は重要な考え方です。前の項目で説明した通り、株式は最低売買単位分の株を買わなければなりません。ですので、1銘柄分買うだけで数百万円必要なこともあります。そのような状況で、複数の銘柄や銘柄毎の投資割合を定めて投資を行いたい場合には、多額の資金が必要になります。投資信託であれば、多くの資金が集まっているので問題なく複数銘柄に分散投資が行われます。

ファンドによっては、株式と同様に配当を出す場合もあります。これは、ファンドの分配方針によるため、よく確認してから購入する必要があります。可能な限り毎月決まった金額を分配するファンドもあれば、基本的に分配はしないで基準価額の上昇を目指すというファンドもあります。

投資信託の価格は、基準価額と言われ、1万口あたりの金額であらわされます。通常は設定当初の基準価額は1万円です。つまり1口=1円でスタートするわけです。それが組み入れた株式や債券などの値上がり値下がりによって1円より高くなったり安くなったりするのです。

投資信託のデメリットとして、費用が挙げられます。まず購入時に販売手数料が発生します。証券会社によってはノーロードという手数料の必要ない投資信託もあります。その後、保有している期間、常にかかる費用として信託報酬(運用管理費用)があります。これは運用資産に対して年率で○%という形で定められ、日々基準価額から差し引かれます。日々差し引かれるので、わかりにくくその費用の負担を感じにくいですが、保有しているだけで発生するので、収益にマイナスの影響を作用し続けます。そして、売却時に発生する費用として信託財産留保金です。これは急に売却することになったためそのファンドを保有し続ける投資家に多少の迷惑をかけてしまうわけで、その迷惑料のようなものと考えましょう。ファンドによっては発生しない場合もあります。

 

 

【まとめ】どっちがいいの?

違いを以下の表にまとめました。

 

小額から手軽に始めるのであれば投資信託を選択すべきですが、株主優待が目的であったり、本格的な企業研究や銘柄の選別を行いたいのであればある程度資金を用意して株式投資を行うべきです。ちなみにNISA制度では株式も投資信託のどちらも購入可能です。投資が初めてであれば、まずは投資信託の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です