実務経験なしでも最短11ヶ月でFP技能士1級を取得する方法

国家資格であるFP技能士のなかでも最高レベルに位置するFP技能士1級。この資格は通常、一定のFP業務に関する実務経験(2級取得後1年以上、または5年以上)がなければそもそも受験することすらできません。

しかし、実は実務経験なしでも取得する方法があります。例えば、就職活動を控えた大学生の方が就職活動でのアピールとして活用するということもできてしまいます。

実務経験なしで取得できるので、例えば専業主婦の方で子育てが一段落して近く社会復帰を考えている場合や全く関連のない業務に従事しているサラリーマンの方であっても目指せます。費用はある程度かかってしまいますが、FP1級があれば一定の専門知識を持っていることをアピールすることができます。

続きを読む

年金追納のススメ。【学生時に納付を猶予した方必見】

日本では原則として20歳~60歳の40年間、国民年金に強制的に加入させられ、国民年金保険料を負担する義務があります。 この義務はすべての国民に課されているもので、20歳以上のまだ働いていない学生であっても支払う義務があります。(企業にお勤めの方は会社が毎月の給料から控除する形で負担することになります。)

しかし、学生では収入がないので(あったとしてもアルバイトなどで少額)、申請により納付を猶予してもらうことができます。この学生納付特例の利用率は学生の約半数という調査結果もありますが、追納で年金額を増やせることを知らない方も多いようです。残りの半数は、親が代わりに支払っている、自分で支払っているということです。自分がどんな状況かわからない場合には、ねんきんネットで確認したり年金事務所に問い合わせるなどして確認することができます。

続きを読む